海外から帰国される渡航者の皆様へ

Updated June 2, 2020

العربية中文  |  فارسی  |  Français  |  हिंदी  |  Italiano  |  한국어  |  Melayu  |  Português  |  Русский  |  Español  | ไทย

世界中で新型コロナウイルスの広範な感染継続が起きています(グローバルCOVID-19パンデミック通知を参照)。過去14日間に海外に渡航したことがある場合は、外出せず健康観察を行ってください。

COVID-19 Health Alert: Coronavirus Disease 2019 (COVID-19). You have traveled to a country with an outbreak of COVID-19 and are at higher risk.

海外から帰国してから14日間は自宅待機してください。(グローバルCOVID-19パンデミック通知)

14日間は以下の手順で健康観察を行い、社会から距離を取ってください。

  1. 体温計で1日2回体温を測定し、発熱していないか確認してください。咳または呼吸困難にも注意してください。この体温記録表 pdf icon[PDF – 2 pages]を使用して体温のモニタリングを行ってください。
  2. 外出せず、他の人との接触を避けてください。通勤や通学はしないでください。
  3. 公共交通機関、タクシーの利用、または自動車の相乗りを控えてください。
  4. 他の人と距離を取ってください(6フィートまたは2メートル)

体調が悪くなった場合に行うこと

帰国してから14日間に発熱または咳を伴う症状がある場合は、

  • 外出しないでください。他の人との接触を避けてください。
  • COVID-19に感染しているかもしれません。ほとんどの人は受診しなくても自宅で回復します。
  • 呼吸困難がある場合、または症状が心配な場合は、医療機関に電話するか、テキストメッセージを送信してください。その際、最近の渡航歴と症状を伝えてください。
  • 医療機関または救急医療機関に行く前に電話してください。

透析など、その他の理由で医療機関を受診する必要がある場合は、事前に医師に最近の渡航歴について伝えてください。